胃の病気とピロリ菌

胃の病気とピロリ菌 昔から、ストレスで胃が痛くなる人が非常に多かったため、胃の炎症は、ストレスが原因のひとつだと考えられていました。
実際、人間はストレスを感じると、胃の血流が減少し、胃が痛くなります。そして、胃酸が大量に分泌されることで、胃潰瘍や胃炎になります。
ストレスで交感神経が優位になると、白血球が増え、白血球が壊れる時に、活性酸素を出します。活性酸素が過剰になると、体の組織がダメージを受け、様々な病気の原因となります。
ですから、胃痛を防止するためには、副交感神経を優位にする必要があります。また、最近では、胃潰瘍や十二指腸潰瘍など胃の病気の原因のひとつが、ピロリ菌であることもわかっています。
ピロリ菌は、胃の中でウレアーゼという酵素を出して、尿素を分解します。そして、アンモニアを作り出します。アンモニアは、アルカリ性なので、ピロリ菌は胃酸を中和して、自分が住めるように環境を整えます。
しかし、アンモニアは、胃の粘膜を傷付けてしまうのです。また、ピロリ菌は、有害な毒素や活性酸素を作り出します。
そのため、胃潰瘍などの胃の病気が発生すると考えられています。最近では、胃の病気の種類によっては、除菌に保険が適用されます。

ピロリ菌除去に効果のあるアロマオイルとは

胃の病気の主原因であるピロリ菌。この菌は加齢と共に感染率が高くなり、高齢者ともなると八十パーセントとも九十パーセントとも言われています。
胃潰瘍や胃がんなど重度の病気になる危険性をはらんでいる菌ですから、できれば除去したいものです。
そんなピロリ菌の除菌に効果があるとして、最近アロマが注目され始めています。アロマオイルは部屋に臭いを充満させて、その臭いを嗅ぐことでリラックス効果を得るというのが主な使用方法です。
そのアロマオイルの中にオレガノというものがあるのですが、このオレガノがどうやらピロリ菌の除菌効果があるらしく、その目的で現在利用者が増えてきています。
いまだ確証を掴むところまではいっていないようですが、オレガノが除菌効果が高いのは事実らしく、実際に効果があるのか今後の動向に期待されます。
アロマオイルはリラックス効果だけでなく、食欲不振や花粉症、冷え性など、あらゆる症状の改善に期待することができるんです。
リラックス効果による安眠や集中力アップなどと併せても、とても魅力のあるアイテムですので、ピロリ菌除去目的だけでなくとも利用価値があると思いますから、興味がある方は、是非一度利用してみて下さい。