受けたほうがいい?人間ドックの「ピロリ菌検査」

人間ドックを定期的に受けている人は多いと思いますが、ピロリ菌検査を受けている人は限られていると思います。
ピロリ菌とは胃の粘膜に済みついている細菌の一種で、感染すると胃粘膜が傷つけられて胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を引き起こします。
ピロリ菌に感染している人がすべて病気になるわけではありませんが、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の患者の7~9割に感染が認められていますし、最悪の場合は胃がんを引き起こすおそれがあるとも言われています。
胃が痛い、胃がもたれるなどの症状は誰でも多少はあることですし、体質だと思って深刻に考えずに胃薬でごまかしてしまう人も多いですが、ピロリ菌をそのままにしているとがんなどの重大な病気に発展してしまう可能性かあります。
また感染していても胃に不調がなく、無自覚な人もなかにはいるので、一度人間ドックでの検査を受けた方が良いでしょう。
検査には、胃カメラや内視鏡だけではなく、血液検査と呼気検査の方法があります。
感染が見つかった場合は、「抗菌薬」と「胃酸の分泌を抑える薬」を1週間服用することで菌の除菌を行います。
また、50代以上の人の感染率は約7割を超えていると言われています。
自覚症状がなくても、がんなどの深刻な病気に進行する前に、早期発見のためにも検査を受けることをおすすめします。

胃もたれの原因はピロリ菌?胃腸薬で治療できる?

胃もたれの原因はピロリ菌?胃腸薬で治療できる? 日本人はピロリ菌に感染している人が多いです。
特に中年以降の年代の方は、感染率が70%以上とも言われています。
とても可愛らしいネーミングですが、放置しておくと胃炎や胃潰瘍、胃がんなどを発症させる原因にもなります。
また現時点で特に大きな病気にはなっていない場合でも、胃もたれや食欲不振などの症状を訴える人がいます。
こういった人の場合の胃の中にピロリ菌が生息している可能性が高いです。
というのも、人が食べ物を消化する時は、胃の中で強酸性の胃酸を分泌されています。
さらに自ら出している胃酸から自分の胃壁を守るために、胃壁は常に粘液で覆われています。
ところがピロリ菌がいると、胃を守る粘液が減ってしまい、その結果胃酸が胃壁に直接触れることで慢性胃炎や胃痛を発生させてしまうのです。
最初は軽い病気だとしても、それが重篤な病気に移行する事もあるため、何かしら胃の不調を感じた時は胃カメラなどの検査を受け、もしピロリ菌は発見された際には除菌しておくと安心です。