ピロリ菌の除菌で嘔吐することも

ピロリ菌とは胃の粘膜に付着する細菌のことで、感染すると慢性胃炎、胃潰瘍などを引き起こします。
普段、胃は強い酸である胃液に耐えられる強さを持っているので、ピロリ菌の保持者の7割は症状が出ることはありませんが、ストレスなどが原因で胃酸に耐えられなくなり炎症を起こすことがあります。
これを胃炎と呼んでいますが、原因として、ストレス、喫煙、暴飲暴食そしてピロリ菌などが考えられます。
胃炎の症状は胃がしくしく痛んだり、食欲不振になることがあります。
もしこの症状がピロリ菌の感染によるものだった場合、除菌すると症状を抑えることができます。
通常であれば、病院で処方された薬を、1日2回1週間薬を服用することで除菌ができます。
薬を飲むことで除菌ができますが、体調が万全でなかったり薬の効果が強すぎる場合、嘔吐やじんましんなどの副作用が出ることがあります。
嘔吐などの症状が出始めた時は医師に相談し、判断を仰ぐ必要があります。

日本人のピロリ菌の感染率は50%以上です

日本人のピロリ菌の感染率は50%以上です 感染すれば胃の病気にかかるリスクが高まることでその名前を知られているピロリ菌ですが、日本での感染率は50%程度と言われています。
日本人の2人に1人の割合で感染していると考えられますが、これは年代によっても異なります。
ピロリ菌は衛生状態の悪かった50代以上の感染率が特に高いといわれています。
50代以上では感染率は70%以上にものぼります。
しかし、感染をしたからといって、必ずしも胃の病気になってしまうというわけではありません。
発症する割合はわずかに5%程度です。
しかしながら、胃がん患者の80%以上がピロリ菌に感染しているということが明らかになっている以上、胃の病気とピロリ菌の感染はかなり密接な関係があると見られています。
ですから。
菌に感染していることが分かったなら、なるべく早いうちに専門医を受診して除菌を行いましょう。
除菌は1週間薬を飲み続けるだけで可能です。
ほぼ9割に人が除菌に成功しますから、なるべく早く除菌を行いましょう。